FUJIFILM EF-X20のディフューザーについて

こんにちは。YUTOです。

今回は富士フイルムEF-X20のストロボ撮影時のディフューザーについて書いていきます。

 FUJIFILM EF-X20

f:id:ytter3:20161217184334j:image

富士フイルムから販売されているEF-X20はバウンス撮影が出来なく、純正のディフューザーも販売されていません。

バウンス撮影ができるストロボも富士フイルムから販売されていますが、X-Pro2にはEF-X20が似合うし、コンパクトで使いやすい。

ポートレート撮影の時に使用していきたいので、今回EF-X20に使えそうなディフューザーを購入してみました。

本来内蔵ストロボ用のディフューザーとして販売されている商品ですが、EF-X20にも無理矢理代用出来るのではないかと購入してみました。

f:id:ytter3:20161217183629j:image

これを、

f:id:ytter3:20161217184111j:image

こう。笑

f:id:ytter3:20161217184239j:image

無理矢理ですが、これで撮影してみたら意外と良い。

ファインダーを覗き込みにくいけど…。

ディフューザーを使わないより全然良いので、ストロボを使う場面ではこれで撮影していきたいと思います。

あるとないでは全然違いますからね。

ただし見た目がダサい。笑

良かったら何かの参考にどうぞ。

では。