HTML・CSS入門本で基礎からWebデザインを学習していこうと思う。


こんにちは、YUTOです。

以前からブログでデザイン関連の本をいくつか紹介していますが、最近Webサイト制作についてもっと興味が湧いてきて、基礎からしっから身につけたいと思うようになりました。

そこで、本屋で少し読んでみてとても読みやすく、参考になった本を買ってみたので紹介したいと思います。

いちばんよくわかるHTML&CSSデザインきちんと入門

今回紹介するのは、狩野祐東さんというデザイナーが書かれたデザイン本。表紙に書かれているように「これから本気で学びたい人の最高の教科書」にピッタリの本。

Webサイト制作を学びたい初心者に向けて非常に丁寧にHTML・CSSの書き方やページレイアウトについて書かれています。

本自体のデザインも良く、適度な余白と図でとても見やすく、飽きずに読み進めることが出来る。

要点がまとめてあり、理解しやすい

本の構成自体も「Webサイトの仕組みはどうなっているのか?」「Webサイトを構築するために必要な基礎知識」など全くの初心者でも入りやすい、分かりやすい内容構成になっています。

セクションの途中にはNoteというまとめポイントがあり、本の中で「なんでこうなるの?」に対しての理由がしっかりと書かれています。ここがとても分かりやすい。

HTML・CSS初心者の最初の1冊にオススメ

僕は今までブログで気になった箇所を都度調べて独学していましたが、やはり基礎からしっかり理解している方が圧倒的に効率がいいと感じました。本の大半がHTML・CSSについて書かれているため、この本を最初の1冊としてじっくり読めば、HTMML・CSSの基本をしっかり身につけられると思います。

この本の最大の特徴は何と言っても分かりやすい。

これからWebサイト制作を勉強していきたい人、どの本を買えばいいか悩んでいる人の1冊目の本としてオススメできる本です。

じっくり読み込んでHTML・CSSの基礎を身につけます!