東京に上京して4ヶ月という速さで引っ越しました

こんにちは、YUTOです。

2017年3月に東京に上京してからすでに半年以上が経過。

実は僕、3ヶ月ほど前に新しいアパートに引っ越していました。

以前は東銀座寄りの築地に住んでいたのですが、色々な理由があり目黒区に引っ越し。

わずか3ヶ月ほどで引っ越すことになりました。

一人暮らしなら6畳あれば十分だと思う

これ以前のマンションなんですけど、ユニットバスにクローゼットがなかったので洋室が広く、約8畳近くあった。

しかし一人暮らしの僕は荷物量もそんなに多くないので、そこまで広くなくていい。

広い部屋に住むよりかは6畳程度でクローゼットがあり、風呂トイレ別の方が良いと思った。

ということで新しい引っ越し先は風呂、トイレ別の6畳程度の部屋。

一人暮らしの僕には十分。

前の部屋はかなり広かったがスペースがその分余っていたので、今の家の方が全然良い。

僕が今思う引っ越しの際の優先条件

一人暮らしを初めて約3年ほど経ちましたが、上京してきた今、昔と引っ越しの際の優先基準が多少変わった。

  • 駅まで徒歩10分程度
  • 家賃
  • 風呂トイレ別
  • 鉄筋コンクリート

東京都内に住むとなると移動は電車が当たり前なので、まず第一の優先順位は駅から徒歩圏内であること。

自転車を使えば少し遠くても良いかなと考えましたが、自転車駐車や盗難のことを考えると色々面倒臭いので、歩きで徒歩10分程度であることがまず一番の優先順位。

次も優先順位ほぼ一位といっても良いくらい重要な家賃。

ここは毎月変わらず引かれていくものなので出来るだけ抑えたい。

風呂トイレ別は最悪ユニットバスでもいいですが、やっぱりできれば別の方がいい。

造りに関しては、できれば鉄筋コンクリートに住みたい。

今新しく引っ越した部屋は、初めての木造アパートで、やっぱり音とかは気になる時があります。

なので、次から引っ越すときは出来るだけ鉄筋コンクリートの部屋に住みたい。

築年数は1983年以降なら気にしない

昔は築年数の新しい綺麗な部屋がいいと思っていましたが、今は1983年以降で良い物件であれば何でもいいかなって感じです。

なぜ1983年以降かと言うと、1981年に建築基準法が改正され、耐震性について高い基準を求めるようになったから。

しかし、施工から竣工までには時間がかかるので、1981年と1982年に建てられたものは新耐震基準,旧耐震基準が混ざった状態の可能性がある。

なので1983年以降に建てられた物件であればほとんどが新耐震基準で今とほとんど変わらない方法で造られているため、選ぶなら1983年以降の物件がオススメです。

終わり

引っ越してきて約3ヶ月ほど経ちましたが、今回引っ越して思ったことは、整理していると意外と要らないモノってすぐたまるんだなと感じた。

約4ヶ月で引っ越しをしましたが、それでも意外と要らないモノが多くあり、いくつか断捨離しました。

これからは必要なモノと要らないモノを判断して良いモノを集めていきたい。

ちなみに今住んでいる目黒区は渋谷方面にも横浜方面にも行きやすくてかなり快適です。

まだ探索しきれていませんが、良い感じのお店も沢山あるのでこれから色んな所にもっと行ってみたいです。

今の部屋自体はそんなに大きい不満はないのですが、木造なのと通勤のことで少し不満があり、1年ほどしたら違約金が発生しないので、そのくらいにまた引っ越したいと考えています。

次の引っ越し先も同じく目黒区で考え中です。

お金を貯めなければ。。

ということで、上京して4ヶ月という速さで引っ越した住居の紹介でした。

ではっ