RICOH GRを売却してiPhone Xを購入


こんにちは、YUTOです。

タイトルにもある通り、iPhone Xをとうとう手に入れました。

iPhone7からiPhone Xに乗り換えるかの記事で、僕はiPhone Xは買わないつもりでしたが、あのサイズ感でのカメラ性能の良さに魅力を感じてしまい、乗り換えました。

RICOH GRを売却してiPhone Xを購入

僕は今までiPhone7を使っていました。

サイズ感、touch ID、Apple Pay、防水等、特に不満な点はなくむしろ快適でした。

今回、iPhone Xを購入と同時にiPhone7は手放したのですが、もう一つ手放したものがあります。

iPhone Xを購入と同時にRICOH GRを売却することにしました。

実際、かなり悩んだもののiPhone Xのある程度の画質と抜群な携帯性を考え、RICOH GRは手放し、メインのFUJIFILM X-Pro2とiPhone Xでいこうと考えました。

正直、iPhone Xカメラの最大の特徴、デュアルレンズを使ったポートレートモードのボケはよく見ると不自然さはありますが、上手く撮れればSNS程度であれば全く問題ないレベル。

なので今回、僕はiPhone Xを携帯端末としてはもちろんですが、カメラ性能に特に期待を込めて購入しました。

iPhone X開封の儀

この瞬間が超絶楽しみで幸せな時間。

店頭で触ったことは何度かありますが、やはり新品のものを開封する瞬間って幸せです。

そして外箱を開封。

お馴染みのHelloではなく、Designed by Appleの文字。

いよいよiPhone Xとご対面。

美しい。。

新品のiPhoneはやはり最高に美しいです。

ちなみにモデルはスペースグレイの256GBを選びました。

iPhone7とiPhone Xの比較

僕の今まで使っていたiPhone7とiPhone Xの外観をせっかくなので比較してみます。

左がiPhone7で右がiPhone X。

iPhone X側はTrue Tone機能をオンにしているのでやや黄色味がかっていますが、気にしないでください。

並べて見ると、縦幅と横幅が微妙にiPhone Xの方が大きい。

しかし、Plusほど大きくはないので、僕にはこのくらいのサイズアップなら許容範囲です。

iPhone Xは背面がAppleロゴとiPhoneの文字のみとシンプルになったのが良い。

横から比べて見るとこんな感じです。

iPhone Xは、厚み、重み共にiPhone7より若干大きくなっています。

カメラ性能はやはり良い感じに向上

僕が今回、買い換える一番の目的であるカメラ性能について。

僕は今までiPhoneは携帯性を考え、Plusを使う気になれなかった。

iPhone XはiPhone7より少し大きい程度なので、このサイズ感ならデュアルカメラを試してみたいと思いました。

iPhone XではiPhone7と比べて光学ズームが使えるのはもちろんですが、望遠側のレンズがF2.4に手ぶれ補正付きなのでさらにカメラとしての性能が向上した。

実際にiPhone Xで軽く試し撮りをしてみた写真がこちら。

ポートレートモードを使い、デジタル処理でボケを作り出してる。

よく見ると細かい箇所で不自然さはありますが、個人的には全然使えるレベルです。

あくまでサブ機で、主な使い方は記録用なのでSNSにアップ程度なら全く問題ないです。

iPhone Xの良い点

分かりやすいように、個人的に良いなと思ったことをまとめてみました。

  • 大きすぎないサイズ感にデュアルカメラ
  • ベゼルレスに有機ELで画面が綺麗
  • アプリの切り替えがしやすい

Plusだと携帯端末としては大きすぎるので、このサイズ感にデュアルカメラ搭載は嬉しい。

また、iPhone初の有機ELディスプレイを搭載し、黒色の発色が素晴らしく、より画面が美しくなりました。

マルチタスク画面の操作も変わり、横スワイプでアプリを切り替えられるのが地味に便利。

iPhone Xの気になる点

  • Face IDはたまにもたつく
  • キーボード入力切り替えの地球アイコンが押しにくい

実際に少し触ってみて気になる点は、まず一番にFace ID。

Face IDは上手くいく時は快適ですが、やはりTouch IDと比べるとロック解除にもたつきを感じる時があります。

特にポケットなどからiPhoneを取り出す際に、Touch IDの場合だと取り出すまでに指紋認証でロックが解除されていることがあるが、Face IDの場合、いちいち顔を認識させなければならないので多少時間がかかる。

あと、机の上などに置いて使用している場合、Touch IDの場合は指を置けば済むところが、Face IDは少し持ち上げ、顔の方に向けなければならないのが少し面倒臭いと感じました。

それと使ってみて実際に感じたのが、文字入力の日本語、英語切り替え時の地球アイコンが押しにくい位置にある。

全画面ディスプレイになった分、少し位置が下がったので地味に押しにくいです。

ホームボタン廃止に関しては、初めのうちは使いにくいと思ってしまいそうですが、使っていると意外と慣れます。

iPhone Xを買う前にもブログで書きましたが、カメラ性能をそこまで重要視せずに、コスパ重視の方はiPhone7がオススメです。

毎日必ず持ち歩くiPhone Xはカメラ機として最適

あくまで僕のメインカメラはX-Pro2なので、サブ機としてiPhone Xの購入に至った。

携帯端末してはiPhone7でも全然不満はないですが、携帯性とカメラ性能を考えてのiPhone Xに買い替え。

正直、RICOH GRの画質にはまだまだ勝てませんが、トータルで考えるとiPhone Xも全然使えます。

しかも、iPhoneは必ず毎日持ち歩くものなのでどんなシャッターチャンスも逃さない。

良い写真が撮れそうな場面に遭遇してもカメラを持っていなかったら意味がないので、そういった意味で携帯性もかなり重要だと思います。

これから使い込んでいって、また詳細はレビューしたいと思います。

あとはiPhone Xのケースをどうするか。

また、ケース選びの旅が始まりそうです。

ではっ