フィルム写真風に仕上がる「VSCO Film」

こんにちは。YUTOです。

僕は写真を撮る際、最近はFUJIFILMの撮って出しでSNSなどにアップする事もあるのですが、その他によく使っているプリセットがこれから紹介する「VSCO Film」です。

この「VSCO Film」は有料でLightroomのプリセットとして使っているのですが、スマートフォンでも「VSCO Cam」という無料で提供されているものがあります。

僕はiPhoneで撮った写真などはVSCO Camを使って編集してSNSにアップしています。

無料では勿体無いくらい高機能なアプリなので、インストールしていない方、VSCOというものを試してみたい方は是非インストールしてみてください。

VSCO
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料

「VSCO Film」の方は種類がいくつかあり、番号によって雰囲気など少し違います。

僕は「VSCO Film 02」を購入しました。

色々な方のブログを見て購入したのですが、02はおすすめされている方が沢山います。それだけ評判もいいのでしょう。

値段は1万円くらいですが、写真の現像が楽しくなり、自分の好きな世界観というものが分かるようになるかもしれません。

f:id:ytter3:20160801133859j:image f:id:ytter3:20161225223850j:image f:id:ytter3:20160801133907j:image f:id:ytter3:20160801133913j:image f:id:ytter3:20161225224018j:image

このような写真の色味、雰囲気が好きな方は購入して試しみてはいかがでしょうか。

もっとフィルム写真っぽく仕上げる事も可能ですし、自分の好きなように少しカスタマイズしてユーザープリセットとして保存しておく事も可能です。

僕は粒子など基本消しているのですが、写真によって少し変えています。

写真に統一感が欲しい方など、プリセットを使うことによって少しは統一感というものが出てくるのではないでしょうか。

購入を検討している方はこちらのリンクからどうぞ。

Store | VSCO

ちなみに、「VSCO Cam」を使った作例です。f:id:ytter3:20160801131216j:image

f:id:ytter3:20160801131225j:image f:id:ytter3:20160801131230j:image

詳しいワークフローなどは後日紹介していきたいと思います。

2017/2/7追記 プリセット比較を記事にしました。↓

【フィルム写真風に仕上がる】VSCO Film プリセット効果一覧とオススメ

2017.01.28