AirPods Proを購入。ノイズキャンセリング性能が素晴らしい。


10月30日に発売されたAppleの新しい完全ワイヤレスイヤホンAirPods Pro。

僕はすでに初代AirPodsを所有しており、ノイズキャンセリング用にはSONYのWH1000XM3があるので、正直買うつもりはありませんでした。

とりあえずは視聴をしてみようと思い、店頭で実際に聴いてみたのですが、とにかくノイズキャンセリングの性能に衝撃を受けました。その場で即購入です。

Apple AirPods Pro

AirPods Pro

という訳で、AirPods Proを発売日に購入したわけですが、今回前モデルと比べて新しい機能や変更点があるのでそちらを先にご紹介します。

  • インナーイヤー型からカナル型へ
  • ノイズキャンセリング搭載
  • 外部音取り込みモード搭載
  • IPX4の防水レベル
  • デザインが大きく刷新

とくに大きな機能といえばやはりノイズキャンセリング&外部音取り込みモードではないでしょうか。

イヤーピース 充電ケーブル

今回インナーイヤー型からカナル型へと変更されたことで、Lightning – USB-Cケーブルに加えて、シリコーン製イヤーチップ(3サイズ)が同梱されています。

ちなみに旧モデル(初代AirPods)とサイズを比較するとこんな感じです。

ケース自体は横長に、イヤホンは縦に短くなりデザイン性も向上しています。

ペアリング手順

ペアリング方法

ペアリング方法はとても簡単。

最新のiosにアップデートされていれば、AirPods Proを開いた瞬間に上記のポップアップが表示されるので、接続をタップすれば完了です。

イヤーピーステスト

今回イヤーピースがS、M、Lと3種類あり、どのイヤーピースが自分の耳に合っているのかテストすることができます。

設定→Bluetooth→AirPods Pro→イヤーチップ接続状態テストをタップすることによって開始されます。

実際に1日使用してみた

実際に通勤時、仕事中、休憩中など1日を通して使用してみました。

使用してみて感じた良い点・気になる点をご紹介します。

良い点

  • ノイズキャンセリング性能が素晴らしい
  • 外部音取り込みモードも優秀
  • カナル型嫌いでも不快にならない圧迫感
  • デザイン&操作性向上

まず、なによりもノイズキャンセリング性能が素晴らしいです。これ目当てで買い替えても良いレベル。

僕は普段WH1000XM3を使用していますが、そちらと比べても中々のノイキャン性能だと感じます。

外部音取り込みモードも非常に優秀です。WH1000XM3にも同じ機能があり、外の音をマイクで取り込んで中に流す為、どうしても電子化された少し違和感のある音に感じていたのですが、AirPods Proはとても自然。

方向性や距離感などもかなり正確に聞こえる為、まるでイヤホンを装着していないかのような感覚に近いです。

カナル型の圧迫感についてですが、カナル型苦手な僕からしても不快感を感じずに使用できています。

イヤーピースを外すと分かるのですが、AirPods Proは先端の芯の部分が無くシリコンのみなんですよね。通常は先端まで芯がある為、長時間付けていると痛くなりがちですがAirPods Proの場合は圧迫感を感じにくいと思います。

また、イヤホン本体には中と外の気圧差を均一にする通気孔が備えられており、カナル型特有の圧迫感が軽減されます。

操作性も向上しています。

前モデルでは、イヤホンヘッド部分を「タップ」による操作方法でしたが、AirPods Proは「握る」操作方法へとなりました。

軸部分に感圧センサーを押しこむことによって、再生、曲のスキップ、ノイズキャンセリング/外部音取り込みモードの切り替えができます。

これまでのタップ操作の場合ヘッド部分に丸みがあり、特にダブルタップが反応しないことが多々ありました。AirPods Proの場合、握る操作によって確実に操作することができる為、かなり扱いやすいです。

あともう一つ、地味な変更点ですがケース収納時のイヤホンの向きが変わったのが嬉しいポイント。

これまでのAirPodsの場合、ケース収納時と装着時の向きが逆だったので、装着するまでに向きを切り替える必要がありました。

AirPods Proの場合、ケース収納時から装着まで同じ向きになっている為、スムーズな着脱が可能です。

気になる点

  • 単体でのバッテリー持ちがもう少しあると嬉しい
  • 音質は悪くはないが、最高とは言えない
  • 価格が税込み3万円台と高め

バッテリーに関してですが、ノイズキャンセリング使用時で4.5時間。前モデルが5時間の連続再生が可能だったので、単体での使用時間は下がっています。

ノイキャン性能が追加されたことを考えると4.5時間使用に留まったのは素晴らしいですが、やはりもう少し単体での使用時間が増えると嬉しいですね。

また、気になる音質に関してですが、前モデルに比べると確実に良くなっています。特に低音域が向上された印象です。が、めちゃくちゃ良いかと言われると正直素晴らしいとは言えないレベルかなと。

価格的に見ても税込み3万円台と高価になってくるので、音質重視の方からすると他のイヤホンがオススメかもしれません。

購入して非常に満足。ノイズキャンセリング性能がとにかく素晴らしい

ノイズキャンセリング性能や音質について書きましたが、結論としては非常に満足しています。

個人的には音質を重視するよりも、ペアリングの速さだったり、ノイズキャンセリング性能、日常での使いやすさをイヤホンでは重視したいと感じます。上記の理由から気になる点は多少ありつつも、総合的には買って良かったなという印象です。

ノイズキャンセリング性能に関しては非常に満足度が高いですが、音質を何よりも重視したい方であれば他のイヤホンも検討された方が良いかもしれません。

気になった方は、まず店頭で視聴してみてはいかがでしょうか。

動画はコチラ

AirPods Proの使用レビューを動画でも紹介しています。

関連記事: SONYノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」使用レビュー