Dr.Martensの手入れをして長く愛用する


こんにちは、YUTOです。

普段、僕が履く靴は革靴がほとんど。

一年半ほど前にDr. Martensを購入してから、普段用の靴として季節問わず履いています。

しかし、今までドクターマーチンを購入してからしっかりとした手入れをあまりしていませんでした。

長く愛用していく為に、今回はドクターマーチンの手入れ方法を紹介したいと思います。

ドクターマーチンの手入れ方法

20180304 DSCF0001

まず、マーチンの手入れに最低限必要な物がこの2つです。

ブラシで靴全体に付着したホコリなどを落として、クリームで革に栄養を与えてヒビ割れを防ぎます。

20180304 DSCF0003

では、早速僕が一年半履き潰したマーチンの手入れをしていきます。かなり傷だらけ…。

20180304 DSCF0009

先ほども書いたように、始めにこのブラシを使って全体的な汚れを落としていきます。

20180304 DSCF0010

しっかりと汚れを落としたらデリケートクリームを靴全体に薄く伸ばしていきます。

このクリームは革に栄養を与えて乾燥によるヒビ割れを防ぐ役割。この作業がもっとも重要とされているそうです。

20180304 DSCF0017

塗ったら少し乾かして浸透させ、柔らかな布で磨いてあげます。

ここまでの作業で最低限のお手入れは終わりです。

この他にもレザーローションやツヤ出しなどのケア商品があるのですが、店員さんに聞いたところ、最低限ブラシとデリケートクリームの2つがあれば十分だそうです。

もっと言えば、デリケートクリームさえあれば最低限良いそうです。それほどデリケートクリームは重要なんですね。

20180304 DSCF0008

ちなみに僕は、ドクターマーチンの店舗でケア商品を購入したのですが、分かりやすい手順方法もいただきました。

きちんと手入れをして長く愛用する

20180304 DSCF0020

いくら耐久性が高いドクターマーチンでも、全く手入れをしないと物の劣化が早くなってしまいます。

決して安い物ではないので、きちんと手入れをして長く愛用していきたいと思います。

20180304 DSCF0014

ちなみに今回紹介したデリケートクリームは、同じ革製品であれば財布などにも同様の使い方で手入れができるそうです。

ただ、財布などは頻繁に手に持つ物なので、色移りすることがないようにしっかりと柔らかい布で拭いてあげましょう。

一つのモノを大事にして、長く愛用していきたいですね。