ブルーライトカットメガネで目の負担を軽減。J!NSのPCメガネを購入


こんにちは、YUTOです。

昔から目が悪かったこともあり、長時間PC作業をしていると目の奥の痛みや頭痛を感じる時がよくありました。

最近特にPCに触れている時間が大幅に長くなってきたので、そろそろ無視できないと思い、目の負担を減らすために以前から購入しようと考えていたブルーライトカットメガネを購入しました。

結論から言うと、購入して非常に満足しています。

そもそもブルーライトとは

そもそもブルーライトとは何なのかと言うと、スマートフォンやパソコン、テレビやゲーム機、LED照明などから発している波長が380〜500nmの青色光のこと。

眼で見ることができる光の中で非常に強力なエネルギーを持っており、長時間のスマホ操作やPCの操作によって目や身体への負担となります。

J!NSのPCメガネは安くてデザイン性良し

J!NSのブルーライトカットメガネには25%カットのものと、40%カットのものが2種類あります。

店頭で見た限りでは25%の方がデザイン性が高いものが多く、40%の方が種類は少なめでした。僕はPC操作時の目の疲れや頭痛が気になっていたので40%カットのものを選択。フレームの形が丸いタイプと角ばったタイプがあり、僕は角ばったタイプを購入しました。

僕がこのメガネの良いなと思う部分は、シンプルなデザインでマット素材、さらに軽量なところ。

耳にかけるフレーム先部分のみ曲げられる素材になっているので、その人の耳に合うフィット感を調整してもらえます。僕も購入後、店員さんに調整していただきました。

J!NSのロゴなどは内側に記入されているので外側から見ると一切ロゴがなく、シンプルデザインでかなり好み。

価格も5000円と安く手に入れることができるので、ブルーライトカットメガネを初めて使う僕みたいな人でも試しやすい金額設定になっています。

1日中、このメガネを着けてPC作業をした結果を言うと非常に良かった。普段であれば、長時間PC作業をしていると明らかに目の疲れを感じるのですが、長時間作業後の疲労感が全然違う。作業中、試しにメガネを外してみると液晶がかなり眩しい。普段こんなに強い光で長時間作業していたのか、と改めて感じました。

長時間メガネを身に付けていても、特に締め付け感や重みを感じないので非常に満足。

ブルーライトカットによる色の変化

人によってデメリットになる部分が、ブルーライトカットによる色の変化。

僕が購入したメガネは40%カットのものなので実際に目で見るものより少し暗く見えます。そしてレンズ自体も若干黄色味がかかっているため、色を専門に扱う仕事の人にはデメリットになるかと思います。色を扱う人には25%カットのものが良いそうです。

目の疲れが格段に減った

普段から目の奥の痛みや頭痛を感じやすい僕ですが、ブルーライトカットメガネの効果には非常に満足。

ちなみにケースに関しては、布製のものが付属しています。

500円ほどで丈夫なケースも売っていたので、僕は一緒にハードケースも購入しました。カバンの中に入れておくものの一つに加わりました。

5000円の出費で目の疲労感の違いをこれだけ実感できるので、普段のPC作業で目の疲れを感じている人には是非試して欲しいです。