fire7の見た目
           

コスパ最高のKindle Fire7を購入レビュー


Amazonプライム会員の人ならほとんど知っているだろう、コスパ最高のKindle File。最近タブレットで本を読む機会が多くなってきたのでついに購入してみました。

そもそもKindle Fireタブレットとは

fire7の見た目

Kindle Fireとは簡単に言うとAmazonが発売しているタブレット端末。Kindleとは別物で、こちらはカラーにも対応しているので、雑誌や動画の閲覧も可能。

最新モデルではFire7、Fire HD8、Fire HD10と三種類のラインナップがあります。今回僕が購入したのはFire 7です。

Kindle Fire7の良い点

片手でも簡単に持てる
  • 安価でタブレットが手に入る
  • 手軽に持ち運びやすい
  • Kindleからそのままストアに飛べる

まずKindle Fireの良いところは圧倒的価格の安さ。定価では9000円ほどで売られていますが、 Amazonプライム会員なら4000円引きの、約5000円で購入することができます。

タブレットとして見ても、決して使えないレベルではなく、電子書籍や動画閲覧程度であれば問題なく使えます。

カバンにも楽々入る

本体重量も295gと軽く、片手でも持ちやすいサイズになっているので外出時に気軽に持ち運ぶことも可能。

また、Kindle Fireを使って感じた良かった点は、Kindleからそのままストアにアクセスできること。

今までiPadやiPhoneでKindleを使っていた時は、新しい本を購入したい時にいちいちAmazonアプリで購入してからKindleアプリに戻って本をダウンロードという手順が必要でした。

Kindle Fireではその必要なく、直接ストアにアクセスして本を購入することが出来ます。その点がKindleタブレットとして良いなと思いました。

Kindle Fire7の気になる点

プラスチックは少し安っぽい
  • たまにモタつく
  • Kindle、プライムビデオ以外の用途には不向き
  • プラスチック素材は少し安っぽい

Kindle Fireを使っていて気になるところは、たまに動作がモタつくこと。使い物にならないレベルまではいきませんが、やっぱり普段使っているiPhone Xと比べてしまうとKindle Fire7は動作がたまにモタつく時があります。まあ、価格が全然違うので、しょうがない部分ではありますが。。

あと気になるところは、Amazonのサービス以外をメインに使用することを考えている人には不向きの端末かと感じます。

fire7で漫画

Kindleやプライムビデオの使用は問題なく、むしろiPadなどより扱いやすい部分もあります。しかし、Kindleでは基本的にはブラウザは特定の専用ブラウザしか扱えませんし、アプリの数も限られています。

全く使えないという訳ではないですが、ネットサーフィンやYouTube、ゲームなどをメインに楽しみたいって方にはあまりオススメ出来ません。

スペックもそこまで良いという訳ではないので、動作にストレスを感じる場合があるかと思います。

Kindle Fire7はこんな人にオススメ

kindleで雑誌
  • Kindleやプライムビデオをメイン使用に考えている人
  • タブレットを持っていなくて、気軽に試してみたい人

Kindle Fire端末を使ってみて、Kindle Fireはまだタブレットを持っていない人にかなりオススメの端末だと思います。

プライム会員なら約5000円で購入できるので、こんなに低価格で買えるタブレットはなかなかないです。

特にAmazonサービスをよく使う人には是非オススメのタブレットです。

プライム会員になっていない人でも、プライム無料体験加入で割引が適用されるので、気になった方は試してみてはいかがでしょうか。