富士フイルムのストロボにはi60Aがオススメ。人撮りも物撮りにも最適

こんにちは、YUTOです。

以前記事でも紹介した富士フイルムX-Pro2のストロボに使用しているNissinのi60A。

これがまた人物撮りにも物撮りにもかなり役立っているので紹介していきたいと思います。

Nissin i60A FUJIFILM用


僕の使用しているX-Pro2はフルサイズ並みに大きいわけでもないので、大光量、大型のストロボなんか装着したらかなり不恰好な状態に。

i60Aはかなりコンパクトに作られていて、僕のX-Pro2と良いバランス感になる。

ちなみに角度は上方向90度、左右180度まで調節が可能なので、天井バウンスも簡単に行えます。

そして別機材購入でワイヤレスフラッシュなんかも可能。

物撮りではかなり良い感じに撮れるので、愛用している。

ポートレートなんかにも普通に使える。

昼の撮影は自然光を使うことが多いのですが、夜の撮影時はi60Aが活躍してくれることが多い。

ちなみにポートレート撮影で重要なキャッチライトをつくれるように専用パネルもきちんと内蔵されている。

キャッチライトあり、なしでは全然印象が変わってくるので、ポートレート撮影では超重要。

もちろんデフューザーも付属しているので、柔らかい光での撮影もできる。

i60Aのココが良い

僕がFUJIFILM X-Pro2のストロボにNissinのi60Aを選んだ理由は大光量かつ、小型ボディだから。

ガイドナンバーは最大60と十分な光量ですが、手に持ってもこのくらいの大きさ。

ポートレート撮影の時なんか特にそうなんですが、大きすぎるとモデルさんも撮られていると身構えてしまったり、外での撮影なんかでも目立ちすぎて撮りにくかったりするので、コンパクトさってかなり重要だと思います。

もう一回り小さいi40というものも発売されているのですが、光量の違いから僕はi60を選択。

実際にX-Pro2にi60Aを装着するとこんな感じ。

X-Pro2にそのまま装着すると前方向に重心がずれて撮影が若干しにくくなるのですが、僕はX-Pro2に専用グリップをつけて対応しています。

このストロボは横の厚みは増しますが高さはそれほど高くないので、撮影時にそこまで威圧感を与えることもないかと思います。

とりあえずストロボの購入を考えている方にオススメ

富士フイルムのストロボ、純正のストロボってかなり高いんですよね。

純正のEF-X500なんかは価格は約55000円で大きさもかなり大きめ。恐らくX-Pro2には不恰好になるかと。

その点、i60Aは価格が35000円程度なので約2万円の差。

使い方にも寄りますが、とりあえずストロボを使ってみたいっていう方なんかはi60Aを買っておけば十分すぎるかと思います。

他にもNikon用、Canon用、SONY用とあるので富士フイルムユーザーではない方にもオススメできる商品です。

ではっ