x-pro2
           

X-Pro2の付けっ放しレンズにXF23mmF2が欲しい


こんにちは、YUTOです。

僕がメインで使用しているFUJIFILMのX-Pro2ですが、今でも大変気に入っており、これからも長く使っていくつもりです。

そんな僕のお気に入り構成はX-Pro2にXF35mmF2を基本的には付けっ放しだったのですが、最近XF35mmF2より広い画角を撮りたいと思うシーンが多くなってきました。

ズームレンズにすればいいじゃんという話ですが、僕は単焦点レンズが好きなので、新たにレンズを買おうかなと検討中。もちろんXF18-55mmF2.8-4も大変良いレンズですが。

スナップ用にXF23mmF2が欲しい

僕の中で真っ先に候補に上がったレンズがXF23mmF2。

僕の最近のカメラの使い方としては普段使いの付けっ放しレンズにXF35mmF2、撮りたいターゲットが明確な時や、ポートレート撮影にはXF56mmF1.2という使い方が多かったです。

この構成には今まで満足しており、気に入ったスタイルでした。ただ、最近僕がXF35mmで撮るものは作品的なものというよりかは、スナップ的な記録に近い使い方をしていました。

例えば、物撮りなんかも基本的にはXF35mmF2で撮っていますし、カフェなどお店の店内もXF35mmF2で撮っています。

20171205 DSCF0090 jpg

このような場面でXF35mmF2を使う時、もう少し店内の様子を広く撮りたいと思うことが多くなってきました。店内では後ろに下がるといったことも出来ないので、XF35mmF2とほぼほぼ同じ使い方が出来て、もう少し広く写せるXF23mmF2が欲しいと思ったのです。

XF35mmF2は作品的な表現にはすごくいい

僕がXF35mmF2を使っていて感じたのは、スナップ的な使い方も出来ますが、どちらかというと作品っぽく、より魅力的にみせたい時に使えるなと思いました。

20170530 DSCF0053 jpg

例えばこのような写真、もう少し広角にして全体を写すというよりかは、あえて切ることで記録的なというより印象的な写真に近くなると思う。

こういった使い方としてXF35mmF2は大変気に入っていますが、最近の僕が求めているのはどちらかというと記録的な撮り方。

XF23mmF2なら換算約35mmなので目で見た時の自然な範囲を切り取りやすい。撮影距離も比較的寄れるので、もう少し寄って写したいって時にはある程度は寄ることもできる。

まとめ

今までX-Pro2にXF35mmF2がお気に入りのレンズ構成でしたが、最近の撮影スタイルによって新たにXF23mmF2を買いたい欲が高まってきました。

すでに買う気は満々なので、また購入したら詳細をレビューしていこうと思います。

X-Pro2の付けっ放しレンズに最適。XF23mmF2を購入レビュー

2018.02.21