AtomでEmmetのショートカットキーをcommand+Eに変更する


最近Webデザインの勉強を本格的に始め、改めて使用ツールの見直しをすることにしました。

テキストエディタは、今までSublime textを使っていたのですが、UIが好みのAtomを使ってみることに。そして、Sublime Textと同じ環境にする為に、AtomにEmmetのインストールをしました。

Emmetのショートカットキーを変更

Atom image blog
デフォルトではEmmetのショートカットキーはCtrl+EとTabに割り当てられています。僕はctrl+Eで行末に移動するショートカットキーをよく使うので、Emmetよりもこちらを優先したい。Tabキーに関しても、僕はautocomplete-plusでの自動補完を優先したいので、Emmetのショートカットキーは他のキーにしたい。

そこで、Atomのキーマップを変更しました。キーマップの変更方法は、設定→キーバインド→キーマップより変更可能です。

行末に移動ショートカットの有効化と、emmetのショートカットキーをcommandとEに変更。autocomplete-plusはtabで次候補に移動したいので、Emmetのtabは無効化にしました。

これでcommand+EキーでEmmetが展開されるようになり、tabで自動補完の次候補を選択できるようになりました。

参考になったら幸いです。