MacBookを少し持ち上げる便利なスタンド「Kickflip」


こんにちは、YUTOです。

僕のメイン使いのパソコンはMacBookProの13インチ。このMacBook1台でブログ執筆から写真編集まで全て行なっているので、僕にとっては1番欠かせない機材。

以前、人生を変えるモノ選びのルールを読んでMacBookでの作業をもっと快適にするアイテムを発見。すぐに購入し、早速取り付けて使ってみました。

「Kickflip」見やすく、タイピングのしやすい角度に

人間工学に基づいた角度調節により一番見やすく、タイピングのしやすい角度に合わせることができる「Kickflip」のスタンド。

ノートパソコンで細かい作業となるとどうしても覗き込む姿勢になりがちで、姿勢も猫背になりやすかった。このスタンドによって取り付けることによって、自然とディスプレイの高さも上がり、より楽な姿勢で作業することができそうです。

スタンドデザインはMacbookの外観をできるだけ損ねないようにミニマムで美しいデザインになっています。

取り付けは簡単

取り付け方は簡単で、Macbookの裏面に貼り付けるだけです。

吸着部分には貼っても痕を残さない素材になっているので、Macbookを汚す心配もない。また、吸着部分は何度でも貼り付け、取り外すことが可能です。もし、埃などの汚れで吸着が弱まった場合は石鹸水で水洗いすれば何度でも繰り返し使えるそうです。

楽な姿勢で作業ができる

実際にスタンドを取り付けた様子がこちら。スタンドを立てなくても少しの角度がつくので、これだけでも若干タイピングがしやすくなります。

スタンドを立てた状態がこちら。結構角度が上がるので、初めのうちは慣れないかもしれませんが、慣れてしまえば圧倒的に文字入力の楽さを感じます。ノートパソコンながらMagic Keyboardに近い感覚でタイピングができるようになりました。

特に長文を入力する時に角度が変わるだけで、手首の楽さが全然違う。

パソコンをカバンにしまう時にはスタンドを折りたためばいいので、持ち運び時でも今までとさほど変わらずコンパクトに収まって良い。

MacBookの放熱対策にも効果的

スタンドを取り付けることによって底部分が浮くので、Macbookの放熱対策にもなります。長時間重たい作業をしていると本体が熱くなっている時があるので、熱を逃がすスペースを作れるという部分においても良いアイテム。

Kickflipの良い点

  • Macbookでのタイピングが快適になる
  • 目線の位置が変わるので、姿勢が楽
  • 放熱対策にもなる
  • 再利用可能
  • ミニマムデザインでコンパクト

Kickflipの気になる点

  • 高さ調整は1段階のみ

MacBookでの作業がかなり快適に

Macbook Proをメイン機として使っている僕にとってタイピングのしやすさ、ディスプレイの見やすさ、姿勢の楽さなどはかなり重要になってくる部分。

特に普段からMacbookでタイピングをする機会が多い方にとっては、文字入力がかなり快適になるはずです。

Macbookでの作業を快適にしたい方に是非オススメしたいアイテムです。