iPhone XとVSCO Cam


こんにちは、YUTOです。

iPhone Xを購入して約1ヶ月が経過。

僕はRICOH GRを売却してiPhone Xを購入したわけですが、実際に1ヶ月間iPhone Xを使ってみて撮った写真を紹介していきたいと思います。

メイン機はX-Pro2なのでiPhone Xでは記録的な撮り方をしているので、紹介できる枚数はそんなに多くはないですが、少しでも参考になったら嬉しいです。

iPhone X – VSCO cam

 

やはりiPhoneで撮ると自然と縦構図が多くなりますね。

ほとんどカメラロールを覗くと食事の写真ばかりだったので、作品っぽい写真が少なかった。。笑

ポートレート機能を使った写真は境目部分のボケが不自然になっていたりするのもある。

デジタル的にボケを表現しているので仕方ない部分ではありますが、上手く撮れればもっと自然になったりもします。

撮った写真は以前にも紹介したVSCO Camを使って編集しています。

完全に撮影から編集までiPhoneのみでの作業です。

VSCO Camのフィルタを購入

僕はVSCO Filmも愛用していますが、iPhone Xを購入と同時に以前から使っていたVSCO Camのフィルタを追加で購入した。

僕が今回購入したのは、UrbanシリーズとVシリーズ。

UrbanシリーズはU1〜U6まで6種類のプリセットが用意されています。

全体的に彩度が高めなので、ストリートフォトや風景撮りに適したフィルタ。

写真の印象を強めたい方や、彩度強めが好きな方にはオススメのフィルタです。

僕はU3あたりが好みです。

Vシリーズは、ローコントラストな写真に仕上がるフィルタ。プリセットはV5〜V8の4種類。

全体的に眠い写真になり、フィルム風で雰囲気のある写真に仕上げることができます。

こちらはV5が好み。

VSCO camはは無料のプリセットでもかなり雰囲気のある写真に仕上げることができるので、インストールしていない方は是非入れて欲しいアプリの一つです。

無料のプリセットだとHB1、HB2は結構仕上がりが好みです。

iPhone Xのカメラ性能に気になっている人や、これからiPhone Xの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

ではっ

VSCO
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料