手軽に美味しいコーヒーを。ネスカフェドルチェグストを導入。


毎日1杯以上はコーヒーを飲んでいる。

カフェに行ったり、コンビニなどで買ったりしているので月で計算すると結構お金を使っていると思う。

毎日飲むコーヒー代を少しでも節約するために、いつでも手軽に美味しいコーヒーが飲めるように、トバログさんの記事を読んで欲しくなったドルチェグストというコーヒーメーカーを導入しました。

ネスカフェ ドルチェグスト

ドルチェグストの外観
今回導入したコーヒーメーカーはネスカフェ ドルチェグスト ジュニオ2のブラックモデル。ドルチェグストはカプセル式のコーヒーマシンで、専用のカプセルによって美味しいコーヒーやラテを手軽に作ることができます。

作り方も簡単

20180508 DSCF0024
まず、タンクに水を入れてから好みのカプセルをセットする。タンクの容量は1Lなので、約5杯分の水が入る。
レバーで抽出量を選ぶ
そして本体上部にあるレバーを上下に動かすと、抽出量を選ぶことができます。

カプセルに目安の抽出量が書かれているので、それ通りにすれば間違いない。今回はチョコチーノなのでココアカプセルとミルクカプセルの2つを入れる為、抽出量はそれぞれ3目盛りに。


レバーを左右のどちらかに動かすと、コーヒーが作られて行く。ホットの場合は右に、アイスは左に動かす。

ミルクを抽出
自動で止まるので、止まったらミルクカプセルも同様の手順で抽出する。

出来上がった様子
出来上がりの様子がこちら。味は結構美味しい。甘すぎず、ココアとミルクの量が良いバランスで、クリーミーな泡がまた良い。

カフェラテの写真

他にもカフェオレやブレンドも飲んでみましたが、こちらも美味しい。個人的にはやっぱりカフェオレが1番美味しいですね。

今回チョコチーノを作ったので、2回カプセルから抽出する必要があり少し面倒ですが、カフェオレやブレンドコーヒーなどはカプセルが1つのみなので作り方はもっと簡単。

ドルチェグストの良い点

ドルチェグストの外観
  • 美味しいコーヒーが安く手軽に飲める
  • 気分で味を変えられる
  • 豆と違いカプセル式なので酸化を防げる

コーヒー1杯約50円ほどの金額なので、カフェやコンビニでコーヒーを買うより圧倒的に安い。また、豆の場合は使い切るまで味を変えることができないですが、カプセル式なので、1杯毎に好きな味を選ぶことができるのもドルチェグストならではの良い点。

ドルチェグストの気になる点

コードが短いのが難点
  • コードがかなり短い
  • 動作音が若干気になるかも

1番気になった点は電源コードが短いこと。結構短いので、コンセントに近くないと延長コードが必要になってくると思います。動作音に関しては、そこまでうるさくはないですが、人によっては若干気になるかもしれません。

まとめ 定期購入がお得

ネスカフェ種類
今回、僕は本体を購入したわけではなく、定期購入で契約しました。2ヶ月毎に好きなカプセルが届く定期購入で契約すればマシン本体の値段は無料になります。

ドルチェグストの最新モデルを購入する場合、8000円近くかかるので、かなり初期費用が安くなります。さらに、定期購入の場合4箱か6箱の2種類から選ぶのですが、4箱で5%、6箱で10%割引きされるので、実質もっと安く購入できます。

解約する場合は最低3回定期購入を利用しなければ、マシン代金がかかってしまいますが4回以上定期購入を利用すればマシン代金はかからずに返却すればいいだけ。なので、とりあえず試してみたいって方にも定期購入はかなりオススメかと思います。

ドルチェグストで作ったチョコチーノ

自宅で手軽に美味しいコーヒーが飲めるので、よくコーヒーを飲む人とってドルチェグストはかなり良い商品ではないでしょうか。

ドルチェグスト無料定期便を見てみる