美容師からWebデザイナーに転職しました。


今までブログやSNS上で「僕」自身についてはあまりさらけ出してきませんでした。

最近色々な経験をさせていただいている中で、ようやく一段落ついたので良い機会だと思い、ちょっと自分のことを書いていこうと思います。

結論から言うと、美容師からWebデザイナーへと転職しました

半年程前から徐々に動いてはいたのですが、今回ご縁があって無事念願のWeb製作会社から内定をいただいたので、その辺を踏まえて今の心境だったりを残したいと思います。

Webデザイナーを目指した理由

机上の写真

まず何故Webデザイナーを目指そうと思ったのかについてですが、僕がWebデザインに興味を持ったキッカケはブログでした。

高校は電子情報系の高校を卒業し、そこから就職はせずに何となく昔から興味のあった美容の道へと進みました。いざ美容を学んでみると楽しくて、今思えば2年間学校を休んだ日はなかったですね。専門学校を卒業して美容師として経験をしていく中、学生の頃に立ち上げたこのブログをもっと良くしたいと思うようになり、試行錯誤して空いた時間にブログデザインを弄っていたんですね。

そこからWebデザインというものを知り、もっとオリジナル性が欲しくなりました。そこでブログデザインをWebデザイナーさんに依頼して、ユトログを全面リニューアルしました

で、結局Webデザイナーを目指した理由は何なのかというと、単純に「Webデザインをもっと学びたい」。その思いが勝ってしまったんですよね。

沢山の人にお世話になった

発表中2

ちょうど1年程前、まだブログ仲間もいない状態でひっそりとブログを更新していました。monograph、DRESS CODE.、トバログ、webledgeの中の方々とお会いしてきました。の記事をキッカケにそこから繋がりが一気に増え、この1年間は初めての体験だらけでした。

関連記事: 人生初めての海外旅に行ってきます。

美容師時代からお世話になっている先輩、ブログを通して親しくなった人、今でも本当に沢山の方にお世話になっているなと改めて思います。特にmonographメンター生でもお世話になった堀口さんや、Webデザイナーのろくぜうどんさんにはかなり相談に乗っていただき、本当にお世話になりました。

本当にありがとうございます。

将来的にはマルチに生きたい

転職活動を通して、有難いことに2社から内定をいただきました。未経験の僕にとってこの選択は非常に重要で悩ましかったのですが、悩んだ結果、渋谷にあるWeb製作会社の内定を承諾させていただきました。これでようやくスタートライン。

僕はまだWebデザインのスキルで言うと全然まだまだです。じゃあ、なぜ2社から内定をいただけたのか、自分なりに考えてみるとブログを運営していることが大きかったなと思います。1次面接から最終面接を通してブログのことをかなり取り上げていただきました。改めてブログをやってて良かったなと感じます。

現在、ブログ運営や撮影など行なっていますが、やっぱり全く違う業界からIT業界に転職した分、まずはWebデザインのスキルをとにかく極めたいと思っています。

ただ、将来的に考えてこのブログはもちろん、写真のスキルだったり、ライティングのスキルだったり、もっと色んな事も同時に伸ばしていきたいんですよね。

そう思うのってやっぱり周りにすごい人が沢山いるから。この1年、色んな人との関わりが一気に増えて、色んな生き方を見てきました。改めて関わる人の影響ってすごく大きいなと感じました。

働き方に関しても、フリーランスには憧れはありますが、そこも今後どうなっていくかは正直自分でも分かりません。ただ、将来「あの時行動しておいてよかったな」そう思えるように今を生きていこうと思います。

美容師からWebデザイナーに転職するまで、実際に僕が何をしてきたかについてはまた後日詳細を記事にしたいと思います。

初めて自分のことをこれだけさらけ出してみましたが、少しでも誰かの参考になればとも思い文章に残してみました。

改めて、美容師からWebデザイナーに転職しました。

関わっていただいている皆さん、そしてユトログ読者の皆さん、本当にありがとうございます。そしてこれからもYUTO(ユトログ)をよろしくお願いします。