ipad pro11
           

外出時の荷物が軽くなった。「iPad Pro 11インチ」3ヶ月使用レビュー


以前、ユトログ考 Vol.4 「やりたいコト」で軽く紹介しましたが、iPad Pro 11インチを3ヶ月程前に購入しました。 

実際に3ヶ月使用してみて感じた良い点・気になる点を紹介したいと思います。

iPad Proを購入した理由

ipad pro 開封の様子

僕がipadを購入した理由は外での作業を快適にするため。現在MacBook Pro15インチをメインに使用しており、今まで外出時の作業もMacBookを持ち運んでいました。

MacBook Pro 15インチの重量は1.83kgあり、15インチ分大きさもそれなりにあります。

本体の重さはバックパックの中に入れてしまえば、そこまで気にならないものの、サイズの方はカフェなど限られたスペースの場合少し窮屈に感じていました。

作業効率で言えば15インチの大画面が圧倒的に快適ですが、持ち運ぶ端末としてはやっぱりもう少しコンパクトだと嬉しい。

という訳で、今回外出時用の端末にiPad Proを導入してみました。

iPad Pro 11インチ Wi-Fiモデル

ipad 開封

今回僕が購入したモデルはiPad Pro 11インチのWi-Fiモデル。Smart Keyboard Folioも一緒に購入しました。

iPad Pro 11インチの本体重量は468g。キーボード込で764gです。

ipad 開封の様子

2018年モデルからデザインが刷新され、ホームボタンの廃止やベゼルレス化、角に丸みを帯びたスタイルへとなりました。

ipad 開封の様子

USB-Cも搭載され、個人的にはMacと統一されて嬉しいポイント。

ipad 開封の様子

背面下部の電子接点面からキーボードと接続できます。キーボードの給電もこの電子接点から行う為、充電の必要はありません。

ちなみにMacBook Pro15インチとのサイズ比較はこんな感じ。サイズに関してはかなり差がありますね。

良い点

  • 軽量・コンパクト
  • バッテリー持ちが良い
  • 現像時もヌルヌル動く
  • ベゼルレスになり、横位置操作が快適に
  • Face IDが使いやすい

実際に使用して感じた良い点は、やはりコンパクトで軽量なこと。

外出時、カフェなどの限られたスペースでも、環境を気にすることなく作業ができます。

また、バッテリー持ちもかなり良く、Macbookであれば電源アダプターを持ち歩くか悩んでいた日も、iPadであれば単体で十分です。

Lightroomでの現像作業も問題なく動作し、外出時でも軽いレタッチであればiPadで行えます。

気になる点

  • 変換が使いにくい
  • Lightroomは写真アプリに取り込んでから読み込まないといけない
  • ブラウザがSP表示になる
  • 使えないショートカットキーがある
  • フォルダ整理はmacが楽

気になる点としては、予測変換と通常変換の区別がなく、使いにくいところ。ブログなどの長文を書く際に非常にストレスを感じます。

しかし、iPadOS Beta版でこの変換問題が改善されており、iPadでも大分文字入力がしやすくなりました。

その他気になる点もiPadOSで改善されており、かなり使いやすい端末になっています。

まとめ 外出時の荷物が軽くなった

ipad 開封

iPad Proを実際に3ヶ月使用してみて、外出時に非常に役立つ端末だと感じました。

作業するか分からない場合でも、とりあえずiPadを鞄の中に入れておけば一安心。コンパクト・軽量な為、それほど荷物に感じません。

今後iPadOSの登場により、さらにパソコンに近い操作感になるので、正式リリースが非常に楽しみです。

動画はこちら

iPad Proの使用レビューを動画でも紹介しています。

関連記事: 3年使ったMacBook Pro 13インチから乗り換え。Mac Book Pro 15インチを導入。

関連記事: SONYノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」使用レビュー

関連記事: 超小型ジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」を購入。等々力渓谷を撮る。